NEWS

2017/12/14 (木)

電子マネー詐欺相次ぐ 福島市400万円・葛尾村220万円

 電子マネーを使った詐欺で被害が相次ぎました。警察によりますと、福島市に住む60代の女性に今年5月、携帯電話に「9120万円の高額受け取り金が当たりました」というメールがありました。メールを信じた女性はその後、振り込みが可能かどうかを確認するためという名目で、電子マネー5000円分を購入し利用するための番号を相手に伝えました。さらに、手数料が足りないなどの要求で、5か月間で120回、電子マネーでおよそ400万円をだまし取られました。また葛尾村では60代の男性がきのうまでに有料動画サイトの登録料として電子マネーおよそ220万円分をだまし取られる被害があり、警察が注意を呼びかけています。

2017/12/14 (木)

サービスエリアで事故防止呼びかけ 実は危険と隣合わせ

 今月3日、本宮市にある高速道路のサービスエリアで女性が高速バスにはねられ、死亡した事故を受けて、きょう、警察ではサービスエリアの利用者に対して事故防止を呼びかけました。年末年始にかけて利用者が増えるサービスエリアは、危険と隣合わせとなっていました。本宮市にある東北道下りの「安達太良サービスエリア」。きょう、警察やNEXCO東日本の職員などがサービスエリアの利用者に事故の防止を呼びかけました。今月3日、同じ本宮市の安達太良サービスエリア上りの駐車場では、高速バスを降りた仙台市の40代の女性が隣から発進した別の高速バスにはねられ、死亡する事故がありました。その後の調べで亡くなった女性は、駐車場で「しゃがんでいた」ところ、高速バスが発進してきたことが分かっています。この時期、多くの人が利用するサービスエリア。実は、危険と隣合わせとなっています。井上和之記者「SAなどの駐車場では大きい車が複数台停まっていると走行車線が隠れてしまい、走ってくる車を見落としてしまうことがある」県警高速隊福島分駐隊久留飛克典隊長「大型車などは死角があるその影に隠れてしまうと運転手から見えなくなってしまって、事故に遭うことがあるので危険」SAなどの駐車場では、車の向きを斜めの状態で横一列に駐車するため、隣に大型車が停車していると前方部分が突き出た形となり、歩行者と運転手にとって死角が多くなる特徴があります。そのため、警察などではサービスエリア内では、歩く側と運転する側の両者が注意し合うことが大切だと話します。県警高速隊福島分駐隊久留飛克典隊長「SA・PAも特別な場所ではなく本線上の一部だと考えてもらい十分に気を付けて安全を確認しながら走行ならびに歩いてほしいこれから年末年始にかけ、利用者が増えるサービスエリア。事故を防ぐためには、私たちの気の緩みを無くさなければいけません。

2017/12/14 (木)

川内村乳児殺害事件判決 懲役2年6か月

 間もない長女を殺害した女に実刑判決です。判決を受けたのは、川内村の無職横田陽子被告(31)です。判決によりますと横田被告は、今年3月、川内村の実家で生後20日の長女の鼻と口を手でふさいで窒息させ、殺害しました。弁護側は被告は当時心神耗弱の状態で、責任能力はなかったと主張していましたが、きょうの判決公判で地裁郡山支部の井下田英樹裁判長は「被告は犯行の前日に赤ちゃんを殺害したらどうなるかをインターネットで検索するなどしていて、突発的な犯行とはいえない」と指摘しました。また、事件の直後には犯行を隠して「長女の容態がおかしい」と告げていたことなどから、被告には責任能力があったと判断し、懲役2年6か月の実刑判決を言い渡しました。

2017/12/14 (木)

CLTの復興公営住宅がいわき市に完成

いわき市常磐下湯長谷町に建設中の復興公営住宅はCLT工法の建築物としては、国内最大級の規模で、公営の集合住宅としては東北初です。木造3階建てで57戸が入居でき、木材はすべて国内産。一部にいわき市産のスギを使っています。CLTを使った建築はパネルを組み合わせて金具でとめるだけ。熟練した技術者ではなくても施工でき、木はコンクリートより軽いため、工期の短縮が可能です。いわき市に建設中の「復興公営住宅」の工期は98日とわずか3か月あまりです。また、耐震性にも優れ、5階建ての建物でも震度6強の地震に耐えられることが実験で証明されました。さらに、森林の荒廃が問題となる中、全国4位の森林の面積を持つ県内では、木材を有効活用する工法としても「CLT」は注目されています。2階建てのアパートもCLTで建てると、同じタイプの鉄筋コンクリート製のものの、およそ半分の日数で完成すると言います。ふくしまCLT木造建築研究会 会津土建 菅家洋一社長「やはり木の中に住むという形で少しでも復興の住宅なので安らぎがあればいいかなと思っています」このCLT復興公営住宅は来年2月に完成、3月に引き渡しが行われ、浪江・双葉・大熊・富岡町の住民たちが入居する予定です。

2017/12/14 (木)

トラック運送業界人材確保へ 高校担当者と意見交わす

 91・6%。来年春に卒業する県内の高校生の先月末現在での就職内定率です。記録が残る過去16年間で最も高い水準になりました。空前の「売り手市場」のなか、若い働き手の確保を急ぐ「トラック運送業界」が進路担当の高校の教師と意見を交わしました。伊達市にある運送会社。160台以上ものトラックを保有するこの会社。150人いるトラック運転手の4分の3が40代・50代だといいます。運転手「若いひとたちがこの業界やっぱり入ってこないんで、入ってきていただければ」物流を担う重要な役割を果たすトラック運送業界にとって、人手不足は深刻です。そこで県内の運送会社でつくる県トラック協会が、県北の高校の進路指導担当の教師と意見を交わす場を設けました。高校側「初任給が県内平均よりも低い設定なので、ベースアップは可能なのでしょうか?」教師たちからは「労働時間や環境」そして「女性も活躍できるのか?」といった質問が相次ぎました。トラック業界側「女性にとって特別な職場ではない。(女性雇用に関して)いつでも受け入れはできてるつもりです」トラック協会は、ドローンの活用やITの進歩で運送業界の生産性は上がっていて、「体を張った業界から、普通の業種という風にイメージを転換して、就職先として検討してほしい」と要望しました。福島県トラック協会 右近八郎会長「IT関係の進歩は目覚しいものがありまして、日々労働環境等、よくなっておりますので、そのあたりの実態を理解していただきたい」今年から運転免許の制度がかわり、18歳から2トントラックなどが運転できる「準中型免許」が取れるようになったことで、運送業界としても若い人材の確保できればと期待を寄せています。

2017/12/14 (木)

冬型の気圧配置続く 福島市で積雪

 きょうも県内は冬型の気圧配置の影響で会津や中通りの所々で雪が降っていて、福島市の中心部では今シーズン初めての積雪となりました。きょうの県内は冬型の気圧配置の影響で会津や中通りで雪が降っています。午前9時現在の積雪は只見で9cm、南会津町の南郷で93cmなどとなっています。このうち福島市の中心部にある気象台でも最大2cmの積雪を観測し、今シーズン初めての積雪となりました。JR福島駅前では足元を気にしながら職場や学校に向かう人の姿が見られました。気象台では会津ではなだれに注意する呼びかけています。

2017/12/14 (木)

電子マネー使った詐欺被害相次ぐ

 福島市と葛尾村で電子マネーを使った詐欺の被害が相次ぎ、このうち福島市では60代の女性が400万円をだまし取られました。被害にあったのは福島市に住む60代の女性です。警察によりますとことし5月、女性の携帯電話に「9120万円の高額受取り金が当たりました。」というメールがありました。メール信じた女性はその後、振込みが可能かどうかを確認するためという名目で電子マネー5000円分を購入し利用するための番号を相手に伝えました。さらに手数料が足りないなどの要求で、5か月間で120回、電子マネーでおよそ400万円をだまし取られました。また葛尾村では60代の男性がきのうまでに有料動画サイトの登録料として電子マネーおよそ220万円分をだまし取られる被害があり警察が注意を呼びかけています。

2017/12/14 (木)

来春卒業予定の高校生就職内定率 過去最高

 来年春に卒業する県内の高校生の就職内定率は11月末現在で91.6%で、過去16年間で最も高くなったことがわかりました。県によりますと来年春に卒業する県内の高校生のうち、就職を希望しているのは4924人で、採用試験が解禁された9月16日からのおよそ2か月半で4509人の内定が決まりました。就職内定率は91.6%となり、記録のある過去16年間の同じ時期と比較して最も高くなりました。理由について県では就職希望者を大きく上回る9000人を超える求人が企業から出されているためなどとみています。県では高校に進路アドバイザーを派遣するなどして、残る就職希望者の支援についても力を入れることにしています。

WEATHER

LIVE CAMERA

  • 福島
  • 郡山
  • 会津若松
  • いわき
  • 原発カメラ

TUF SNS 公式アカウント