県内ニュース

Nスタふくしま

浪江町3月31日避難指示解除 全員協議会で政府方針示す(01月18日)

藤沼ダムで貯水開始 今年4月農業用水の供給再開へ(01月18日)


浪江町3月31日避難指示解除 全員協議会で政府方針示す(01月18日)

浪江町に出されている原発事故の避難指示をについて政府は、3月31日に解除する方針を町に伝えました。政府は、きょう開かれた浪江町議会の全員協議会の中で、町の全域に出している避難指示を帰還困難区域を除いて3月31日に解除する方針を伝えました。解除の理由については「帰還を望む町民が生活を開始できる準備は概ね整った」と説明しました。町内では、去年10月に仮設の商業施設がオープンしたほか、今年4月には、役場が戻り業務を再開する予定です。出席した議員からは、解除を受け入れる意見が出る一方で、「除染が済んでいない」として反対する声も上がりました。町では、今後、住民懇談会を開いた上で最終的な判断をすることにしています。

藤沼ダムで貯水開始 今年4月農業用水の供給再開へ(01月18日)

震災から5年10か月、復興に向け新たな一歩です。震災で決壊した須賀川市の藤沼(ふじぬま)ダムの復旧工事が終わり、今年4月からの農業用水の供給再開に向け、きょうから、ダムの貯水が始まりました。須賀川市の藤沼(ふじぬま)ダムは、市内の長沼(ながぬま)地域に農業用水を供給していましたが、東日本大震災で決壊し、7人が死亡、1人が行方不明のままです。震災の翌年から行われていた復旧工事の結果、水が貯められる状態になったため、きょう関係者がダムのゲートを閉めて貯水を始めました。完成したダムは、東日本大震災規模の災害にも耐えられる強度になり、今年3月いっぱいまでに満水のおよそ150万トンを貯水する計画です。農業用水の供給は今年の4月下旬ごろから再開するということです。

県内ニュース

イブニング・シックス

浪江町3月31日避難指示解除 全員協議会で政府方針示す(01月18日)

藤沼ダムで貯水開始 今年4月農業用水の供給再開へ(01月18日)


浪江町3月31日避難指示解除 全員協議会で政府方針示す(01月18日)

浪江町に出されている原発事故の避難指示をについて政府は、3月31日に解除する方針を町に伝えました。政府は、きょう開かれた浪江町議会の全員協議会の中で、町の全域に出している避難指示を帰還困難区域を除いて3月31日に解除する方針を伝えました。解除の理由については「帰還を望む町民が生活を開始できる準備は概ね整った」と説明しました。町内では、去年10月に仮設の商業施設がオープンしたほか、今年4月には、役場が戻り業務を再開する予定です。出席した議員からは、解除を受け入れる意見が出る一方で、「除染が済んでいない」として反対する声も上がりました。町では、今後、住民懇談会を開いた上で最終的な判断をすることにしています。

藤沼ダムで貯水開始 今年4月農業用水の供給再開へ(01月18日)

震災から5年10か月、復興に向け新たな一歩です。震災で決壊した須賀川市の藤沼(ふじぬま)ダムの復旧工事が終わり、今年4月からの農業用水の供給再開に向け、きょうから、ダムの貯水が始まりました。須賀川市の藤沼(ふじぬま)ダムは、市内の長沼(ながぬま)地域に農業用水を供給していましたが、東日本大震災で決壊し、7人が死亡、1人が行方不明のままです。震災の翌年から行われていた復旧工事の結果、水が貯められる状態になったため、きょう関係者がダムのゲートを閉めて貯水を始めました。完成したダムは、東日本大震災規模の災害にも耐えられる強度になり、今年3月いっぱいまでに満水のおよそ150万トンを貯水する計画です。農業用水の供給は今年の4月下旬ごろから再開するということです。